RI President Tanaka’s Rotary Moments in February, March, and April

RI President Sakuji Tanaka (second from left) takes part in a Holi festival 27 March, organized by Rotarians in District 3010 (Union Territory, India) during a visit to the district. Holi is a festival of colors celebrated by Hindus mainly in India and Nepal.

RI President Sakuji Tanaka (second from left) takes part in a Holi festival 27 March, organized by Rotarians in District 3010 (Union Territory, India) during a visit to the district. Holi is a festival of colors celebrated by Hindus mainly in India and Nepal.

By Sakuji Tanaka, in English and Japanese

While I was preparing for a Major Donor dinner in Tampa Bay, Florida, on my birthday, which is 4 February, I thought about the past year. As people often do on their birthdays, I was reflecting about how quickly time passes and about my purpose in life of being useful to others — especially during my year as RI president when I feel I must do my best for Rotarians. I was remembering all the places I’ve traveled as a Rotarian and the interesting people I’ve met along the way.

For instance, during February, March, and April, I attended several 100th anniversary celebrations in places such as Birmingham, Alabama, and Indianapolis, Indiana, in the United States and Toronto and Vancouver in Canada. I’m fortunate to be the RI president during a time when there are so many centennial club celebrations. I enjoy celebrating these Rotary milestones, and I wish I could be at more. With the time I have as president, I try meeting as many Rotarians as many ways as I can, such as on Skype, which allows me to reach more people while saving Rotary money.

In late March, I visited District 3010 in Delhi, India, and participated in my first Holi celebration. It was an unforgettable experience and great fun to watch everyone throwing colored powder on each other. It seemed that the people who had the most colored powder on them were also the ones having the most fun.

Later, in Jaipur, India, I received an honorary degree of letters. When someone called “Dr. Tanaka,” I was surprised they were speaking to me! I never dreamed that one day I’d receive such an honor. It was a very moving experience for me.

A visit to the Rotary Peace Center at Duke University and University of North Carolina at Chapel Hill, USA, also was important to me. It’s an amazing Rotary-sponsored program that produces incredible peace scholars. I wish they could get more applicants to their program and more people knew about the work of their alumni.

Council on Legislation

I attended the Council on Legislation 22-26 April. Several people told me how cooperative the Council was and about the fellowship they felt. The Council leadership did a tremendous job and helped everything run smoothly. I heard several good discussions and numerous items were referred to the RI Board. This is a big responsibility to be placed on the board, which must review and act on each proposal referred to them. I hope the Council and all Rotarians are aware of the challenges faced by the Board in their careful consideration of each of these proposals.

Brazil, India, and Israel

I have visited so many unforgettable Rotary projects. While I was in Brazil, I went to a lab that trains doctors to perform microsurgeries, and, also in that country, I visited a deaf education center.

In Israel, some projects that stood out for me included a rain water harvesting project and a project called Save a Child’s Heart, in which doctors at a hospital in Israel perform heart surgeries on Palestinian children. These are all noteworthy examples of how lifesaving work is being done by Rotary. And it shows how, through Rotary’s humanitarian work, countries can promote peace.

Another project I visited was a medical mission in Udhampur, India, which provided medical and dental services. I visited so many worthy projects during my travels, and though I can’t mention them all here, I haven’t forgotten any of them.

I’m so impressed to see Rotarian involvement in these projects, which require dedication and a significant commitment of time. I know that there are many more impressive Rotarian projects that I haven’t had the opportunity to see. All these projects together will help Rotary become stronger. The more I think of Rotary, the more amazed I am.

I’m proud to be a Rotarian and know that we are “This Close” to eradicating polio, and we’ve been dedicated to working on this historic goal since 1985. This is what makes Rotary great — the focus, tenacity, and persistence to reach such an important goal. The eradication of polio will be an achievement that will forever benefit the world’s children. It will be a tremendous success for Rotary of which we all can be proud.

Read more about RI President Tanaka and watch a profile.


2月、3月、4月のロータリーモーメント
田中作次RI会長

誕生日の2月4日、私はタンパベイ(米国フロリダ州)での大口寄晩餐会の準備をしつつ、ここ1年間のことに回想をめぐらせていました。多くの人が誕生日で感じるように、1年が過ぎるのは早いものだと思いながら、私は、ロータリアンのための最高の躍が求められるRI会長年度において、自分はどれだけ人の役に立つことができただろうかと考えていました。また、ロータリアンとして訪問したあらゆる場所や、そこで出会った印象的な人々のことも思い返しました。

2月から4月にかけて、バーミングハム(米国アラバマ州)、インディアナポリス(米国インディアナ州)、そしてカナダのトロントとバンクーバーなどでのクラブ創立100周年記念行事に出席しました。これど多くのクラブが100周年を迎える年に会長になれた自分は幸せだと感じます。また、これらのクラブの偉業を共に祝いながら、さらに多くの100周年記念行事に出席したいとも感じています。会長としての期を通じて少しでも多くのロータリアンと会おうと思い、私は、スカイプ(インターネット話)を使用して、経をかけずにさらに大勢のロータリアンと交流しています。

3月下旬、インドのデリー(第3010地区)を訪問し、はじめてホーリー祭に参加しました。大勢の人が色とりどりの顔料をかけ合う様子は、実に爽快で、忘れられない思い出となりました。最も多くの顔料をかけられている人が、最も楽しんでいるように私には見えました。

その後、インドのジャイプルでは、名誉博士号をいただきました。誰かが「ドクタータナカ(田中博士)」と言ったとき、私は自分が呼ばれているのだと気がついて大変驚きました。このような名誉にあずかれるとは夢にも思っていませんでしたので、とても印象に残る思い出となりました。

米国のデューク大学とノースカロライナ大学チャペルヒル校にあるロータリー平和ンターの訪問も重要な出来事でした。平和ンター・プログラムは、優れた平和の研究者を育てる素晴らしいロータリーのプログラムです。後、さらに多くの平和フェロー候補者が申請し、より多くの人々が彼らの躍を知るようになることを私は望んでいます。

規定審議会

4月22~26日、私は規定審議会に出席しました。人々が協力し合い、多くの親睦が交わされる素晴らしい審議会であったと、何名かの人が私に話をしてくれました。審議会のリーダーには、会議が円に行われるよう、非常に多くの事をこなしていただきました。私は、有意義な話し合いについて知ることができ、多くの案がRI理事会に託されました。私は、これらの案を慎重に検討する重責が理事会にかけられたことを、審議会議員そしてすべてのロータリアンに認識していただけることを願っています。

ブラジル、インド、イスラエルでの人道的プロジェクト

これまで、忘れることのできない多くのロータリープロジェクトを見てきました。

ブラジルでは、師に顕微鏡手術のスキル研修を行う研究所を見学し、聴覚障害者の教育ンターも訪問することができました。

イスラエルでは、雨水を貯水するプロジェクトや、地元の病院でパレスチナ人の子供たちに心臓手術を提供する「Save a Child’s Heart」(子供の心臓を救おう)と称したプロジェクトが特に記憶に残っています。これらは皆、ロータリーが人命を救う動を行っている素晴らしい例であり、ロータリーの動が各国で平和を推進していることを示すものです。

さらに、インドのウドハンプールでは、一般療や歯科療のケアを住民に提供する療ミッションを訪れる機会に恵まれました。これまで訪問した有意義なプロジェクトはあまりに多く、ここですべてをご紹できないのが残念ですが、みなはっきりと記憶に残っています。

これらのプロジェクトでロータリアンの熱意と献身を目の当たりするたびに、感動を覚えます。しかもこのかに、私がまだ見たこともないプロジェクトが、多くのロータリアンによって行われています。これらは、ロータリーをさらに強力なものにするプロジェクトです。ロータリーとは実に驚くべき団体です。

私は、ロータリアンであることを誇りに思うとともに、ロータリアンが1985年来取り組んできたポリオ撲という歴史的な目標は、達成まで本当に「あと少し」であることを確信しております。そして、この重要な目標に向けたロータリアンの確固たる集中力、不屈の精神、粘り強さこそが、ロータリーを偉大な団体にしたのだと思います。2013年度に入ってからの野生ポリオウィルス感染数は、世界でわずか22となっています。驚くべき進展です。実際にポリオが撲されれば、それは世界の子供たちが永遠に、その恐怖から救われることを意味します。すべてのロータリアンが誇りとともに祝うことができる偉大な功績となるでしょう。

田中会長について田中作次RI会長の紹ビデオ

Source: Rotary Voices

Share in top social networks!

Comments are closed.