RI President: Reflecting on peace

By Sakuji Tanaka, in English and Japanese

My visit to the Oklahoma City National Memorial made a deep impression on me. Walking through the rows of empty chairs, one for each of the bombing’s 168 victims, I thought of the families, friends, and loved ones left behind. The terrible event that the memorial commemorates happened nearly two decades ago; but in thousands of lives, there is a hole that can never be filled. It was a stark reminder of what violence does, and how important it is for all of us to work for peace.


平和への思い

オクラホマ連邦政府ビル爆破事跡の記念公園への訪問は、大変印象深いものでした。168名の犠牲者一人ひとりを象徴する椅子が並べられた小道を歩きながら、愛する人を亡くされたご遺族やご友人の方々を思いました。20年近く前に起きたこの悲しい事を忘れないために、この記念公園がてられたそうです。最愛の人を亡くした悲しさは一生埋めることができないでしょう。回の訪問は、暴力がもたらす悲劇、そして、平和への尽力の重要性を改めて認識させるものでした。

田中会長について田中作次RI会長の紹ビデオ

Source: Rotary Voices

Share in top social networks!

Comments are closed.