Rotary-UN Day and putting Service Above Self

RI President Sakuji Tanaka stands by a section of the Berlin Wall on display at the UN, during Rotary-UN Day. The first of three Rotary Global Peace Forums begins in Berlin, Germany, on 30 November. Photo by Monika Lozinska/Rotary Images

By Sakuji Tanaka, in English and Japanese

After the RI Board meeting in November, I attended a memorable Rotary-UN Day in New York City.

While this annual event is important because it reinforces the long-standing relationship between the United Nations and Rotary International, this year was different from past Rotary-UN Days. Less than a week before the event, Hurricane Sandy hit, knocking out power and flooding parts of the area. The city was still struggling to get back on its feet during our event. Yet 950 people of the 1,300 who registered for the event were able to attend.

I was impressed by the enthusiasm of those who were at Rotary-UN Day. Coming from Japan, a county that has been torn apart by both war and disasters, I think it’s important to continue efforts to promote peace among all nations. I was honored to have this opportunity to represent Rotary in this capacity as well as to see several Rotarians, Rotaractors, and other family of Rotary members pitching in to do Hurricane Sandy relief work. They exemplified the spirit of Rotary, and I hope Rotarians from around the world will continue to assist with relief efforts.

While I was in the state of New York, I went to Rochester to visit the Sunshine Camp for people with disabilities. Any young person with disabilities, no matter their family’s economic status, can attend. The camp’s equipment and impressive 157 acres is part of a Rotarian-funded project that uses Rotarian volunteers and land donated by Rotarians. I was told that although the parents miss their children while they’re away at camp, they’re grateful their children can participate. I was glad that I could see the camp and Rotarians putting Service Above Self – both in New York and in all the many places I visit worldwide.

I hope to visit as many Rotarians as I can during my travels and see how you work to make a difference in the world. If I visit your club or project, please share those photos with me via Flickr. You also can find me on LinkedIn and Facebook..

Read more about RI President Tanaka and watch a profile.


ロータリー国連デーと超我の奉について

11月のRI理事会会合の後、私はニューヨークでロータリー国連デーに出席いたしましたが、これは心に残る会合となりました。

ロータリー国連デーは、国際連合設立時からの長年にわたる協力関係をロータリーが再確認する重要な年次行事ですが、回は特別な意味を持っておりました。と言いますのは、その日からんの一週間前、ハリケーン「サンディー」が東海岸一帯を襲い、ニューヨークは停と洪水に見舞われました。私どもの訪問中、都市機能はまだ回復しておらず、そのため1,300人の参加予定者の中には、会場に来ることができなかった方もおられました。

それにもかかわらず、年のロータリー国連デーには多くの方々が詰め掛け、参加者の熱意に私は感銘を受けました。戦争と災害で壊的な打撃を受けた国の者として、私は、世界のすべての国々で平和を推進する努力を続けることはとても重要だと考えております。ニューヨークで実際に、ロータリアン、ローターアクター、そしてそのかのロータリーファミリーの皆さんが、ハリケーンからの復旧作業に取り組む姿を目の当たりにし、その日、ロータリーの表として国連を訪れることができたことを大変名誉に感じました。このような取り組みこそ、ロータリー奉の理想です。世界のロータリアンが、これからも復興動を支援していただくよう願っております。

ニューヨーク州ではまた、ロチェスターにある「サンシャインキャンプ」を視察いたしました。このキャンプは、家庭の経済的事情にかかわらず、障害のある若者であればだれでも利用できるものです。その設備と64ヘクタールに渡る広大な敷地は、ロータリアンが資金提供したプロジェクトの一部として実現しました。ご両親たちは、子供たちがキャンプにいる間、寂しく感じるものの、子供たちがこのような機会に参加できることをとても感謝しているとのことでした。私は、ニューヨークで、そしていままで訪問した世界中の多くの場所で、ロータリアンが超我の奉を実践する姿を見ることができました。

これからも行く先々で、できる限り多くのロータリアンとお会いし、世界をよくするために取り組む様子を見せていただきたいと願っております。私がクラブやプロジェクトを訪れた際に皆さまが撮った写真は、ぜひ写真共有サイト「フリッカー」にご掲載ください。また、リンクトインフェイスブックでも、私の所感をお読みいただければ幸いです。

田中会長について田中作次RI会長の紹ビデオ

Source: Rotary Voices

Share in top social networks!

Comments are closed.