Using vocational service to build peace

RI President Sakuji Tanaka

By Sakuji Tanaka, in English and Japanese

In Japan, we place great importance on the value of work. Whatever we are called to do, we should do it to the very best of our abilities, with dignity and with pride. Whether the job is running a country or shining shoes, there is honor in every vocation.

I grew up embracing this belief, but I had never stopped to contemplate it. One day, in my third year in Rotary, we had a speaker at our club who talked about the purpose of one’s livelihood. He asked, why do we work hard? What is the importance of our work?

I had never thought about this before. I never saw it as a question. We work to earn money. We work to be successful. We work because it is required of us. To me, this was all.

On that day, I learned about the idea of vocational service. It was the idea that through our work, we can serve others. We think about others’ needs, and grow to care more for the needs of our communities. We build positive connections between people, and a more peaceful world.

This is the idea that has changed my life. It did not change how much I worked, or how hard I worked. But it changed why I worked, and how I experienced my life. It has made me see a higher purpose in everything I do.

The idea of Service above Self is an idea that is unique to Rotary. But it is an idea that can be embraced by anyone. And I believe very much that in Rotary, and beyond Rotary, we can build Peace through Service.

Read more about RI President Tanaka and watch a profile.


職業奉を通じて平和を築く

日本では、事の価値というものを大変重要視します。「どのような事であれ、尊厳と誇りを持って全力を尽くさなければならない。一国をめる事であろうと、靴磨きの事であろうと、すべての職業には名誉があるのだ」と考えられています。

私は、この考え方を受け入れて成長した世ですが、それを真に理解できたのは、ロータリー入会3年目のある例会で、人生の目的についての卓話を聞いた時だったと思います。その卓話者は、「私たちはなぜ一生懸命働くのか」「私たちの事の重要性とは何か」と私たちに問いかけました。

私はそれまで、このことについて考えたこともありませんでした。自問すべきことであるとも思っていませんでした。事をするのはお金を稼いで、事業で成功するためであり、必要だから事をするのだと思っていました 。

この例会で、私は職業奉の理念を学びました。その理念とは、私たちは事を通じて者に奉できるのだということです。者のニーズを知ろうとすれば、おのずと地域社会のニーズにも心を傾けようとするようになります。そして、人々同士がつながり、より平和な世界が築かれるのです。

この考え方が私の人生を変えました。事の量や事に対する情熱が変わったわけではありませんが、事をする理由や人生の目的についてより深く考えるようになりました。自分が行うことすべてにおいて、より高い目的を見出すようになりました。

超我の奉の理想は、ロータリー独特のものですが、誰にでも実践できる理想でもあります。そして私は、ロータリーで、またロータリー外の場所でも、「奉を通じて平和を」実現できると確信しています。

田中会長について田中作次RI会長の紹ビデオ

Source: Rotary Voices

Share in top social networks!

Comments are closed.